FC2ブログ

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

 アルミ缶 

 

お祭りが終わった翌朝の月曜日、

食べ残したお弁当、飲みかけの缶ビールなどがごちゃ混ぜの大量のごみが出る。

そのゴミを『燃える』、『燃えない』、『資源』に分別する作業が一仕事。

終わってみれば『資源ゴミ回収に出すアルミ缶』が大きなゴミ袋に十個弱出た。

と、その時

それを見計らうかのように、『アルミ缶収集家』がやって来て、「一つ貰えない?」

(ここで来るか  とちょっとムッとしながら、んんんん...まあ誰が集めても同じ事)と

「いいよ」  と返事した。

するとナント『二袋も』自転車に括りつけようとするので、

ひとつって言っただろう」 

ふたつって言った」 

「言ってない」  と押し問答。

このヤロウとばかりに強引に自転車の荷台から袋を取り返す馬酒祭好。

「それは俺のだ」 

「じゃこっちをよこせ」  と またもやけんか腰で悶着。

結局『アルミ缶収集家』には『一袋』だけ渡したのだが...


間をおいて、我に帰った馬酒祭好。

(あ~ああ...オレは一体何をしていたのだろうか...) 

心の中を冷たい風が吹き抜けて行きました   


激励 ご祝儀 はこちらをクリック 
                    
 ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン
   
関連記事
スポンサーサイト

category:

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://like828.blog9.fc2.com/tb.php/1263-d9302481
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。